見守りサービス

ホームブログ ≫ アポ電特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧 ≫

アポ電特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧

近年急速に被害が増えて凶悪化している特殊詐欺がアポ電です。
これは従来までのいきなりお金を無心するものと違い極めて巧妙だ。
共通するのは資産状況や家族構成を確認してくるという点です。
お金があることを確認してから様々な方法で詐欺を仕掛けてくる。
最近では直接家に来てお金を奪われて殺されてしまうという悲惨な強盗殺人まで起きてしまいました。

自分は大丈夫と思っている人は多くいると思います。
ここで実際におきた事件を例にあげてみましょう。
某テレビ局のニュース番組からアンケートの依頼が来ました。
自分が見ている番組で今度特集番組がありそれの統計調査という話だ。
この話を聞いて詐欺だと思い電話をきれる人は警戒心をしっかり持たれています。
だが質問に答えてしまうと思った人は確実にほしい情報をとられてしまうでしょう。
もちろん最初からお金の話など聞いてきません。
テレビをよく見る時間帯など関係ない質問から入り警戒心を解き、途中に家族構成や最終的には預金額や家に置いてある現金の額まで聞き出してしまうのです。

その他にも以前からある息子や警察官や市役所職員、銀行職員などになりすます場合があるので注意して頂きたい。
また厄介なのがそれらを複合して使ってくるところです。
複合するとはまず息子から電話がかかってきてその後警察官を名のる別の人物からかかってくるということである。

じゃあどうすればいいのでしょうか。
最も効果的なのは、以前電話による詐欺対策でも触れたが電話にでないことです。
次に電話に出ても個人情報は一切話さないです。
この二つができればかなりの確率で詐欺は防げるはずです。

だが現状出来ていない人が多いからこれだけ詐欺被害が多いのでしょう。
じゃあ次にどうすればいいのでしょうか。
それは被害に遭いやすい高齢者の親と同居することです。
実際に特殊詐欺の被害者の多くは1人暮らしである。

なぜ一人暮らしの方が多いのか。
それは相談できる相手がいなかったからである

同居は無理という人も多いでしょう。
ならば毎日5分でも電話すればいい。
メールでもいいでしょう。
そうすればいち早く詐欺に気づくことができるはずです。
アポ電等の電話がかかってきたその日のうちに気づければかなりの確率で防げるはずです。
毎日防衛しなくては詐欺はいつ自分の大切な人に襲い掛かってくるかわからないから本当に気を付けて頂きたい。

最後に株式会社絆では安否確認等見守りサービスに特殊詐欺がついたサービスを提供しています。
これは仕事が忙しく毎日連絡ができない人の為に代わりに電話をして、健康状態、不審な電話がなかったか、困っていることはないかを聞きメールで報告するサービスです。
詐欺対策にお困りなら是非一度こちらを検討して頂きたい。

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします
2019年07月08日 11:08

株式会社 絆

電話番号
0120-558-527
(通話無料)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら