見守りサービス

ホームブログ ≫ キャッシュカード詐欺|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧 ≫

キャッシュカード詐欺|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧

キャッシュカード詐欺とは
銀行協会などを名のる人物が電話をかけてきて「あなたのカードが不正に使用されています」などといってきてその後銀行協会などを名乗り自宅まで訪れカードを奪う種類の手口です。

この最初の電話は銀行連合協会やキャッシュカード協会だったり警察の詐欺対策課だったり実際にありそうな名前を名のります。
そして不正に銀行カードが使われたおそれがあるので銀行職員がカードを止める手続きをしにお宅まで伺いますや詐欺にカードが使われたおそれがあるので警察官をお宅に向かわせますなど様々な種類の手口があります。

そして詐欺師集団が実際に家に訪れます。これは最低1人、時には複数人の場合もあります。
まずあたかも実際に存在しそうな書類に必要事項を記入させたりして信用度を上げます。
次にカードを全て封筒等に目の前で入れます。
最後に割印をするから印鑑を持ってきてくださいなどと言いその場を離れさせ、そのすきに別のカードが入った封筒とすり替えます。
ハンコを持ってきた時には中身は別のカードになっていてそこに割印をさせられ連絡があるまで家で厳重に保管して下さいと言い奪われてしまいます。

このキャッシュカード詐欺の手口の特徴は
詐欺被害者はカードも奪われた事に気づいていない事と、また使う事もできないため発覚が非常に遅くなりやすいです。

また被害者に顔を見られるリスクを冒すため特殊詐欺全体から見れば被害件数は少ないです。
ですがリスクを負った分、リターンを得たい為何が何でもという気持ちになり狂暴化しやすい傾向にある分注意が必要です。

そして被害者は一人暮らしの高齢者世代が非常に多いです。

キャッシュカード特殊詐欺の種類の手口にはどういった対策をすればいいのでしょうか。

まず電話がかかってきたら団体名と担当者名、連絡先電話番号を必ず聞く習慣を付けて下さい。
その際答えない場合は間違いなくキャッシュカード特殊詐欺です。

そして折り返しますといい電話を切ってください。
この時、聞いた番号に絶対に連絡しないで下さい
次にその団体が本当に存在するかを検索エンジンでで調べましょう。
その団体がなかった場合これもキャッシュカード特殊詐欺です。

警察機関や実在する団体などを詐欺師集団が装った場合は実在するため検索エンジンでヒットします。
ですが聞いた連絡先は違うはずです。連絡先が違った場合キャッシュカード特殊詐欺です。

この方法を使えば家に来る前に詐欺師集団だと気づくことができます。
家に来られると最悪な事態も想定されるので上の手順を実行して家に来させないようにしましょう。

また事前に気づいた場合でもまだ詐欺師集団が諦めていない場合もあるため最寄りの警察署まで通報するようにしましょう。

これで皆さんはキャッシュカード特殊詐欺には騙されないはずです。
株式会社絆のホームページには他の詐欺の種類や手口だけでなく効果的な詐欺対策をいくつも載せています。
その知識を活かした詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
このサービスは離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方に特に利用して頂きたいです。
詳しくは絆のサービス特徴で紹介していますので是非一度ご覧下さい。

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします


 
2019年08月07日 16:50

株式会社 絆

 
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら