見守りサービス

ホームブログ ≫ フィッシング特殊詐欺|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧 ≫

フィッシング特殊詐欺|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧

フィッシング詐欺とは
詐欺師集団が有名企業や銀行などを装い偽のwebサイトに誘導してクレジットカードの個人情報や銀行の各種サービスのパスワードなどを盗みとる種類の手口です。
日本では2004年頃から流行り始めました。
近年では様々なサービスでIDやパスワードを使うことがあり、また多くの人が同じパスワードを使っているため一度盗まれると被害が拡大します。

手口の種類としてまずメールを送り付けてくるものがあります。
これは偽のURLを貼り付けたメールをパソコンやスマホに送り付けてきます。
そのURLに貼られた偽のサイトは本物のサイトと瓜二つで見分けがつかないものです。

また最近ではメールを送る手口ではなくUSBを接続するとパソコン内のURLが書き換えられ正しいURLが表示されているにも関わらず偽のサイトにとんでしまう事例もある。

この手口の対策法を上げていこうと思います

クレジットカードカードの番号や暗証番号、IDやパスワード等の個人情報を入力する場合は偽サイトではないかドメイン名を確認してもらいたい。

次にできる方はサーバー証明書を確認する方法もある。

またURLが表示されるアドレスバーに注目して頂きたい。
弊社ホームページのアドレスの横に鍵のようなバックのような形のものがあると思います。
これは通信内容を暗号化しているSSLに対応していますよという証であります。
大手企業や銀行などはほぼ100%SSLに対応しているのでSSLに対応していなければ偽のサイトである可能性が高くなります。

弊社ホームページのサイドメニューにある詐欺の対策一覧でも紹介しているが貼られているリンクから飛ばないで検索エンジンから飛ぶように心掛けるという方法もある。
これは大企業等の偽のサイトが検索エンジンの上位にくる事がないためである。

他には敢えて間違ったパスワードを入れてみることだ。
なぜかというとフィッシング詐欺はパスワードなどの個人情報を入手することが目的です。
ということは違うパスワードをいれても認証されるということです。
認証されたら100%偽のサイトということになります。

いかがでしたか。
これで皆さんはフィッシング特殊詐欺には引っかからないはずです。
株式会社絆のホームページには他の詐欺の種類や手口だけでなく効果的な詐欺対策をいくつも載せています。
その知識を活かした詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
このサービスは離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方に特に利用して頂きたいです。
詳しくは絆のサービス特徴で紹介していますので是非一度ご覧下さい。

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします

 
2019年08月05日 23:43

株式会社 絆

電話番号
0120-558-527
(通話無料)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら