見守りサービス

ホームブログ ≫ 義援金特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧 ≫

義援金特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧

義援金詐欺とは
困っている人の為に使われるべき義援金を私的に流用する種類の手口です。
人の善意に付け込むこの詐欺は他の詐欺行為と比べても特に最低の手口です。

義援金特殊詐欺は様々な種類があります。
まずは街頭募金型の手口です。
これは2種類あり詐欺師集団が自分達で募金活動を行う手口と助けてあげたいと思われやすい小学生などを騙して使う手口があります。
前者は詐欺師集団なので見るからに怪しいか人数も少ないため騙される可能性も低いでしょう。
ですが小学生が一生懸命募金活動をしていたら皆さん助けたくなってしまいませんか。

次に電話を使う手口です。
これは大きな災害が起きたときによく使われる手口です。
例えば東日本大震災の時は多くの義援金が集まりました。災害が大きければその分集まる金額も多い為詐欺師集団も多く集まってきます。
この手口は公共機関や実在する大きな募金団体赤い羽根共同募金の名を語ってきます。
そして募金をお願いしている。振り込んでくれないかなどと言ってきます。

次にハガキを使う手口です。
これは電話を使う手口のハガキ版です。
いちいち電話をかけなくてよくて、不特定多数に一度に大量に送れるため電話よりも多く使われます。

次はメールを使う手口です。
これもハガキを使う手口に似ていますがハガキよりもお金がかからないため詐欺師集団が特によく使うので注意が必要です。

次はネット型手口です。
これは有名な募金団体のホームページとそっくりにホームページを作り、口座番号だけを違うものに変える手口です。
大掛かりな詐欺師集団が使う手口です。

次は訪問型手口です。
これは公共機関職員を装い直接家まできて募金をお願いしてくる手口です。

このように様々な種類の手口があります。
また義援金特殊詐欺の特徴として被害者の多くが高齢者なので注意が必要です。

では義援金特殊詐欺はどうやって対策すればいいのでしょうか。

上にある電話、メール、ハガキ、訪問の手口はほぼ100%詐欺なので絶対に募金しないようにして下さい。

街頭募金型手口は見分けるポイントが少なく道路許可証をしっかりとっているかぐらいしかありません。
見た目で判断して少しでも怪しいなと思ったら募金しないようにしましょう。

次にネット型手口です。
これは簡単に防げます。ホームページにいくときにリンクからとばずに検索エンジンから飛ぶように心がけましょう。
さらに用心して振り込む際名義が個人名義になっていないかしっかりチェックしましょう。

いかがでしたか。
これで義援金特殊詐欺には騙されないはずです。
株式会社絆のホームページには他の詐欺の種類や手口だけでなく効果的な詐欺対策をいくつも載せています。
その知識を活かした詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
このサービスは離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方に特に利用して頂きたいです。
詳しくは絆のサービス特徴で紹介していますので是非一度ご覧下さい。

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします



 
2019年08月08日 09:48

株式会社 絆

 
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら