見守りサービス

ホームブログ ≫ 還付金特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧 ≫

還付金特殊詐欺被害|詐欺師が使う種類と手口と対策一覧

還付金詐欺とは
医療費や保険料、税金や年金などの還付金があるといいお金をだまし取る詐欺です。
この種類の手口の特徴はお金が戻ってくると信じ込ませる点でお金を払うのではないと思い込ませるので信じ込みやすいのが特徴です。

まず初めに伝えたいのが弊社ホームページのサイドメニューにある詐欺件数推移一覧で詳しくふれていますが
オレオレ詐欺と架空請求詐欺と還付金詐欺を合わせると特殊詐欺認知件数の89%になるという点です。
それだけ被害件数が多い手口ということを頭にいれておいて下さい。


それではまず詐欺師集団がどんな手段でアプローチしてくるかです

詐欺師集団は市役所や税務署、年金事務所などを装います。
直接電話する場合やメールの場合もありますがハガキや封書で送られてくる手口が多いです。
これは役所からハガキや封書で送られてきても何も違和感がないためです。

次にここからどうやってお金をだまし取ろうとするのでしょうか。

詐欺師集団は何とかして電話でやり取りをしようと仕掛けてきます。
直接電話をかけてきた場合は「以前お手紙を送ったのですが返信がなかったのでこちらから連絡しました」などです。
ハガキや封書の場合は連絡先が書いてあり期日が迫っているため早急にご連絡くださいといった感じです。

ここからがこの手口の仕上げになります

電話で話すと還付金が受け取れるといってきます。
次に銀行やコンビニのATMで手続きができますといってきます。
そして手続き操作が若干分かりづらい為ATMに着いたらまた連絡するように指示してきます。
そして言われるままに操作すると詐欺師集団の口座に振り込みしてしまう訳です。

このことからも分かるようにこの詐欺の被害者の多くは機械操作が苦手な高齢者世代です。

ではこの種類の手口の対策法はどうすればいいのでしょうか。

役所からの電話はあまりないですがハガキや封書などは普段からあるので全てを疑う訳にはいきません。
直接電話があった場合は担当役所、担当者名、連絡先を聞いて折り返すといい一旦電話を切って下さい。
そして聞いた連絡先に絶対に連絡しないで検索エンジンで担当役所を調べて下さい。
検索エンジンで調べた電話番号と違えば100%詐欺師集団です。

ハガキや封書なども同じで絶対に書いてある連絡先に連絡しないでください。
まずは検索エンジンで調べるのが先です。

こうやって検索エンジンで確認して連絡先が一致すれば本物、不一致なら詐欺師集団ということです。

いかがでしたか。
これで皆さんは還付金特殊詐欺には騙されないはずです。
株式会社絆のホームページには他の詐欺の種類や手口だけでなく効果的な詐欺対策をいくつも載せています。
その知識を活かした詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
このサービスは離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方に特に利用して頂きたいです。
詳しくは絆のサービス特徴で紹介していますので是非一度ご覧下さい。

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします

 
2019年08月06日 15:38

株式会社 絆

 
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら