【業界初】3社同時現地見積もりサービス

【業界初】3社同時現地見積もりサービス

4519b36436816ff8117a686cc71cd3ac_s

ホーム ≫ 孤独死現場 ≫

孤独死現場の清掃片付けは特殊清掃業者

目次

1・孤独死とは
2・孤独死現場とは
3・特殊清掃業者とは
4・特殊清掃業者の料金相場
5・特殊清掃業者を頼む時の注意点
6・現地見積もりは3社程度頼む
7・現地見積もりを3社同時に呼べるサービス

孤独死とは

2208564_s
孤独死とは家族や近隣住民に気づかれる事なく1人で死亡することを言います。
少子高齢化社会の現代、1人暮らしの高齢者は増加するいっぽうです。
この1人暮らしの高齢者が一番、孤独死に近い存在だと言えるでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか。
まずは家族が頻繫にコミュニケーションをとるべきです。
そうすることで体調の変化などにいち早く気付くことができるからです。
孤独死の中には早く気づけば回避出来たものも多くあるといいます。
昔と違い科学技術は発展しています。
電話はもちろんテレビ電話、高齢者見守りサービスのようなものまであります。
忙しかったからと言い訳はせずに自分の家族に離れて暮らす1人暮らしの高齢者がいる人は毎日1分でもコミュニケーションを取って頂きたいです。

孤独死現場とは

孤独死現場とは家主などが孤独死した現場のことをいいます。
この孤独死現場は大変凄惨なものになります。

まず孤独死されてそのままになると血液、体液、汚物が流失します。
肉は腐るので肉片や内蔵が散乱する場合もあります。

それに伴い発生するのが害虫です。
ハエ、ウジ、ゴキブリなどがその代表例です。

また臭いも大変なものになります。
死臭と言われたりもします。

血液や体液、害虫などがいるため様々な感染症の可能性があり非常に危険です。
なので一般人が部屋に入ることはしないようにしましょう。
ましてや部屋の清掃片付けなんてもってのほかです。
こういった孤独死現場の清掃片付けは特殊清掃業者を頼みましょう。

特殊清掃業者とは

特殊清掃業者とは孤独死現場などの特殊状況下で清掃片付けを行うプロフェッショナルです。
特殊清掃は特殊な機材や薬剤を使い、普通には落とせない汚れや匂いを無くします。

孤独死現場には害虫駆除も欠かせません。
近隣の住民に害虫は被害を及ぼす可能性がある為早急に対応しなければいけません。

家に染み付いた死臭も無くさなくてはいけません。
根本的な原因、例えば体液、血液が染み付いた布団などは処分します。
その他の臭いは近年オゾン消臭機を使い対応する業者も増えてきました。

ですがそれだけでは完璧に原状回復できない場合があります。
それは血液や体液などが床や壁に染み込んでしまった時です。
そういった場合、機材や薬剤だけで対処することはできません。
なので床の取り換え、風呂場の交換なども提案してくれます。

孤独死現場を元の人が住める状態に戻すために様々な方法を提案して実行してくれるのが特殊清掃業者です。

特殊清掃業者の料金相場

特殊清掃業者の料金相場を知りたいという人が多いはずです。
結論から申し上げますとこの業界の料金相場はあってないようなものです。
一般的に言われている料金相場は10万円~50万円です。
なんだそれと思われるかもしれませんが、こうとしか言えません。
ではその理由を説明させていただきます。

孤独死現場と一言でいっても現場の状況は全く違います。
ご遺体の発見時期です。
3日後に発見されたご遺体と半年間放置されたご遺体は同じ状況でしょうか。
違いますよね。
3日後の孤独死現場の場合特殊清掃業者の料金は安くなるでしょう。
ですが半年間放置された孤独死現場はそうはいきません。

ここで知っておくと役立つ特殊清掃業者の料金内訳を説明します。
まずは人件費です。
特殊清掃プラス荷物の処理など依頼される場合人数が多くなります。

次に孤独死現場の清掃料金です。
範囲が広ければその分料金は高くなります。

除菌剤散布料金です。
孤独死現場は感染症、ウイルスの危険があります。
なので孤独死現場全体に除菌剤をまく必要があります。

オゾン脱臭装置の料金です。
臭いを除去してくれる装置です。
最近流行りの装置で多くの特殊清掃業者が使っています。

汚染箇所の解体料金です。
血液や体液が床に染み込んでしまった場合清掃では原状回復できない場合があります。
そういった場合床をはがさなければいけない時もあります。
また壁紙などに血液が付着した場合も同様です。

汚染した布団、畳、カーペット、浴槽などの回収料金です。
撤去するものによって料金が変わります。

これが特殊清掃業者の料金内訳になります。
一般的なものだけでこれだけの項目があります。
よって料金相場が孤独死現場の状況によって左右されやすい理由がわかっていただけたのではないでしょうか。

 

特殊清掃業者を頼む時の注意点

上記でも説明しましたが特殊清掃業界は料金相場がありません。
その結果高額な料金を請求したりなにも改善されない質が低い悪徳業者が多くいます。
そういった被害にあわない為に次の点について注意して下さい。

現場の状況を実際に見ていないのに料金を出す業者には注意して下さい。
高確率で追加料金トラブルに発展します。
現場の状況は様々です。
携帯で打ち込んだだけの情報や電話で説明した情報で的確にわかるはずがありません。
それにもかかわらず料金を出すということはどんな状況でも儲かるというすごく高い料金か追加料金をとるから安い金額を提示しておこうという2択しかありません。

なので料金を知りたい場合は必ず現地に来てもらい現地見積もりを行うように徹底して下さい。




 

現地見積もりは3社程度頼む

孤独死現場の清掃片付けを特殊清掃業者に頼む場合、現地見積もりが重要なのはご理解いただけたと思います。
ですがそこに更に追加してほしいことがあります。
それは現地見積もりを3社程度行ってほしいのです。

特殊清掃業界は料金相場がない業界です。
なのではじめに現地見積もりした業者が優良業者かどうかの判断ができません。
その判断をする為に3社の料金を比較してほしいのです。

いくら料金相場がなく現場の状況で料金が変わるといっても適正料金は存在します。
現地見積もりする業者が多ければ多いほど正確な適正料金はわかってくるはずです。

ですが1社現地見積もりの申し込みをして実際に現地見積もりをするとなかなか大変です。
なので3社程度が実際行える最大限だと考えられます。

現地見積もりを3社同時に呼べるサービス

特殊清掃業者に現地見積もりを依頼する時は携帯などでまず現場の状況をメールで送ります。
その結果担当者から連絡が来て現地見積もりの日程を決めます。
そして当日現地見積もりを30分程度行い料金がわかります。
これが一連の流れです。

3社の料金を比較する場合これを3回繰り返します。
ですがこれはなかなか面倒です。

そんな時は株式会社絆の三社同時現地見積もりサービスをオススメします。
このサービスは現地見積もりに3社が同じ時間にくるサービスです。
1回で3社の料金比較ができるというわけです。

また弊社が紹介するのは優良企業なので安心です。
その理由は特殊清掃業界の業界歴が少ない企業は登録できません。

また登録して終わりではなく紹介しても選ばれ続けない業者やクレームがあった業者は取引を中止しています。

都道府県毎に業者数を制限しています。
そうすることで弊社と業者の連携が密に行えるからです。

こういった理由で弊社サービスを利用すれば優良業者3社の料金を比較でき適正価格で特殊清掃業者を頼む事ができます。
興味がありましたら是非ご利用ください。
特殊清掃業者3社の料金を比較したい人はこちらをクリック