防詐欺対策の専門家|株式会社 絆(きずな)|埼玉県川口市

防詐欺対策なら株式会社絆にお任せ下さい

見守りサービス

ホーム ≫ 詐欺対策付き見守りサービス ≫

株式会社絆の高齢者見守りサービスの特徴

目次

株式会社絆の詐欺対策付き見守りサービス説明
1.詐欺対策付き
2.安否確認
3.認知症予防
4.困っていることの気づき
5.孤独死を防ぐ
6.親子のコミュニケーションのきっかけ

株式会社絆の詐欺対策付き見守りサービス説明

コミュニケーション不足は不測の事態を招きかねません。
離れて暮らす家族や親御様と毎日連絡は取っていますか?
不測の事態とは体調急変や詐欺被害などです。
一人暮らしの高齢者は家族と同居している人と比べ圧倒的に孤独死や詐欺被害が多いです。
それはなぜでしょうか。
それは身近に相談できる相手や体調などの変化に気づいてあげられる存在がいないからです。
ではどうすればいいのでしょうか。
答えは1つです。
毎日連絡を取り体調の変化や詐欺による不審な接触がなかったか聞くことです。

ですが毎日連絡を取ることは仕事が忙しかったり想像以上に難しいです。
しかし難しいからといって疎かにすると実際に不測の事態が起こった時、後で後悔することになってしまいます。
最悪の場合生命に係ったり詐欺の場合何百万、何千万という大金を一瞬で失うことになってしまいます。

そうならない為にも家族間のコミュニケーション不足の人をサポートする為、株式会社絆は詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
何をするのかというとサービス対象者(高齢者)に決められた日に弊社オペレーターが毎日電話をします。
その電話の際に質問をします。
質問内容は
①体調の悪いところはないか
②お金を要求する不審な電話、不審な訪問予定はないか
③困っていることはないか
を聞きます。
その結果を契約者(サービス対象者のお子様等)にその日のうちにメールで報告します。
また緊急連絡サービスも行っていて急な体調不良や詐欺に対して差し迫った危険があると弊社が判断した場合契約者にすぐに電話連絡するものもあります。

このサービスを利用してもらうことで家族間のコミュニケーション不足は解消されるはずです。
3つの質問によって最低限の情報は毎日知ることができるからです。
その情報の結果によって体調が悪いなどわかったらその時に電話で連絡するなり、実家に帰るなり対処すればいいのです。

孤独死させてしまった家族や、詐欺被害者家族はその後ずっと後悔する事になります。
今の自分が完璧にこなしていると思えるなら後で後悔する事はないので問題ないでしょう。
ですが100%やっていると思えないなら弊社のようなサービスにサポートを頼むのも1つの手段ではないでしょうか。
 

1.詐欺対策付き

弊社一番の強みは詐欺対策を専門に取り扱っている所です。
ホームページのサイドメニューには

詐欺の手口一覧
これは最新の詐欺の種類や手口を知ることで詐欺を防ぐ事ができます。

詐欺の対策一覧
これは詐欺に対してどんな対策をすればいいか効果的なものをおすすめしています。

詐欺件数|被害額推移一覧
これは被害件数を知ることで詐欺に対する意識を高め、どんな詐欺が流行っているのか知ることで詐欺を防ぎやすくなります。

被害者になってしまったら
これはもし万が一詐欺被害者になってしまったときやるべきことです。

また他にもブログで注意が必要な詐欺など細かく説明しています。

詐欺の情報は調べれば沢山あるのに詐欺対策情報は少なく感じませんか。
詐欺は日々進化しているのにいつまでたっても有効な詐欺対策は増えません。
皆さんの不安な気持ちを解消したいというニーズに見守りサービス業界はまだまだ応えられていないと弊社は考えています。

ここで皆さんはどんな詐欺対策をしていますか?
また皆さんの離れて暮らす親御様は詐欺対策をしていますか?
詐欺被害者の多くは一人暮らしの高齢者です。
詐欺対策は昔のようにオレオレと名のる輩に気をつけるだけでは防げません。
詐欺の対策一覧でも触れていますが家族間で合言葉を決めることで本人確認対策はできますが他のタイプの詐欺には全く役に立ちません。

ではどんな詐欺対策をすればいいのでしょうか。
それは詐欺の手口ごとに違う対策を複数とるしかありません。
中でも詐欺件数|被害額推移一覧でふれているオレオレ詐欺、架空請求詐欺、還付金詐欺は特に注意が必要です。なぜならこの3つの詐欺が全体の約90%を占めているからです。

弊社サービスは詐欺対策をつけると決めたときになぜ一人暮らしの高齢者が詐欺被害に遭いやすいのか考えました。
同居している高齢者と一人暮らしの高齢者の比較。

それはすぐに相談できる相手がいなかったことです。

ということは一人暮らしの高齢者の方に同居している方と同じ位情報のシェアが出来れば多くの詐欺が防げるのではと考えました。

ですが毎日電話をするのは仕事が忙しかったり、電話できる時間帯がもう親の就寝時間だったりでなかなか難しいはずです。
メール連絡では情報が限られてしまいます。
そこで弊社オペレーターが電話をして②の金銭を要求する不審な電話、不審な訪問予定はないかを聞くことで、その日のうちに詐欺集団からアプローチがあった事に気づくことができます。
そうすれば警察に連絡したり詐欺対策を強化してあげられます。

弊社はこの気づきのスピードこそ様々な詐欺に対抗できる対策だと考えています。
一人暮らしの親御様がいて詐欺が不安だと日々思っている方のニーズに十分応えられると考えています。


 

2.安否確認

安否確認とは生死の確認だけではありません。
弊社は他社の見守りサービスと比較して日々の病気や怪我などの情報をご家族がシェアすることが大事であると考えています。
離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方は毎日心配だと思います。
ですが毎日電話で聞くのは時間的に厳しかったりするでしょう。
仕事が終わった時には親御様が寝ていたりです。

また親御様は子供に心配かけたくないと思っている方が多くいらっしゃるようで些細な怪我や病気など言わないこともあるようです。
これでは大きな病気などになるまで気づくことができません。

そこで弊社サービスの出番です。
弊社はオペレーターが電話で質問します。
①の質問の体調の悪いところはないか
で日々の体調が分かります。
また弊社オペレーターは他人なので世間話のように今日は腰が痛いや膝が痛くて歩けないなど聞き出すことができそれを報告できます。
よって離れて暮らしていても同居しているのと同じ位の情報をシェアできます。

親御様の体調を毎日知ることが不測の事態を防ぐ結果に繋がります。
後で後悔しない為にも親御様との情報の共有は欠かさないで頂きたいです。

もし自分で満足な連絡ができないとお考えでしたら弊社がサポートさせて頂きます。


 

3.認知症予防

他社サービスと比較して会話することは様々な利点があります。
それは認知症予防効果です。
皆さんは認知症の家族の大変さを知っていますか?
認知症の症状は様々ですが自分自身の名前がわからなくなったり子供の名前がわからなくなったりします。またトイレができなくなったり、昼夜構わず家から出て帰れなくなる徘徊など色々あります。

そんな認知症にならないために様々な予防法があります。
食事改善方法や運動改善方法や睡眠改善方法などです。

ですが弊社は会話をする事に特に注目しています。

会話と認知症の関係は多くの論文や本で重要視されています。
会話をする事はとても多く脳を使います。
会話の流れから次の会話を瞬時に判断したり、質問の答えを過去の記憶から呼び起したりと無意識のうちに多くの事を考えています。
このことが脳に刺激を与え認知症を予防するのです。

離れて暮らす一人暮らしの親御様が健康でアクティブなら友達と話す機会もあり大丈夫でしょう。
ですが外にあまりでなく会話をする機会があまりない場合は注意が必要です。

心当たりがある方は1日5分でも毎日電話をかけてあげて下さい。

 

4.困っていることの気づき

他社サービスと比較して会話するサービスは様々な利点があります。
その1つが困っていることに気づくことができることです。
私は母と同居しています。
毎日会話をしていますがよくこういった会話を耳にします。
昔は階段なんて苦じゃなかったのに最近は膝が痛くて辛い。
ベランダへの段差が辛いからどうにかならないか。
電球が切れたから交換してくれないか。
など例をあげたらキリがありません。

これは同居しているから知っているのであって離れて暮らしているとこうはいかないでしょう。
あなたは離れて暮らすご両親の困っていることを知っていますか?
他社の見守りサービスと比較して普段の小さい困りごとまで目を向けたサービスがありますか?

他にこういったデータもあります。
離れて暮らしている親御様の多くが息子等に心配かけたくないため、ちょっとした病気や困ったことなどは相談しないというのです。
連絡がないのは無事のしらせ知らせなんて言葉もありますがそんなことはありません。
通信手段がこれほど発達している現在、情報をシェアしている方がいいに決まっています。

弊社が質問③で困っていることはないかという質問をするのはこのためです。
安否確認の時と同じで、弊社オペレーターは他人なので息子さんなどには気を使う事でも気兼ねなく言うことができます。

そうすればあなたは小さい困りごとにも気づき対処してあげる事ができるはずです。
こういった気づきが大事だと弊社は考えています。
 

5.孤独死を防ぐ

孤独死とは主に一人暮らしの人が病気などによって誰にも看取られる事なく死亡する事を言います。
特徴として数週間から数か月たって異臭により近隣住民に気づかれる事が多いです。

孤独死の中には死を防げた可能性があるものが沢山あります。
病気による突然死は防げませんが病気は突然死だけではありません。
家族がその異変に気づくことができていたら防げたものも数多くあるはずです。
そもそも親が病気だったということさえ知らなかったケースもあります。
それでは孤独死を防げる訳はありません。

一人寂しく死を迎える孤独死を親にさせたくないはずです。
ではどうすれば親の孤独死を防げるのでしょうか。
それは毎日連絡をとることです。
それもメールではなく電話がいいです。
なぜでしょうか。

孤独死は主に病気が原因です。
毎日の親の健康状態を知っていれば例え死因が突然死だとしても何らかの前兆が出ていた可能性があります。
それを把握するためにも毎日の連絡を欠かさず行ってほしいのです。

メールではなく電話がいい理由はメールだと必要最低限の内容しか送らなくなってしまい毎日続かなくなってしまうからです。
また電話で会話していれば声色で体調の異変に気づくことができる事もあります。
毎日5分でも構いません。
その会話で様々な情報を得られるはずです。

私の知人は親を孤独死で亡くしました。
その知人は親への連絡は1年に2回ほどしかしておらずその結果孤独死を気づいたのは3か月後で近隣住民が異臭によって通報したようです。
親を孤独死させてしまったという後悔の念が今も消えずこれから一生その気持ちはなくならないだろうと言っています。
そんな気持ちにならない為にも毎日の連絡を欠かさずに行ってほしいです。

では実際毎日電話連絡をしている人はどの位いるのでしょうか。
私の周りを見てもかなり少ないです。
特に女性より男性の方が圧倒的に少ないです。
男性の場合盆と正月くらいしか連絡しないという人が圧倒的です。
これでは孤独死を防げるはずがありません。

ではなぜ毎日連絡しないのでしょうか。
それはまず仕事の忙しさが原因にあげられます。
毎日朝から終電近くまで働いていたら毎日電話するのも厳しいでしょう。
また生活サイクルの違いもあります。
自由になる時間の時には親はもう就寝しているなどです。

だからといってそれを理由に連絡しないままでいたら最悪の事態を招きかねません。
なのでそういった人は株式会社絆の詐欺対策付き見守りサービスを利用してはいかがでしょうか。
このサービスは一人暮らしの親御様に弊社オペレーターがあなたに代わり毎日電話連絡します。
その会話の中で健康チェックはもちろん詐欺の不審者情報のチェック、困っていることのチェックを行います。
チェックした内容はその日のうちにあなたにメールで報告します。

一人暮らしの高齢者の詐欺被害はとても多いです。
詐欺を防ぐためには家族が情報を共有して詐欺に気づけるかがポイントになります。
なので毎日不審者情報をチェックし不審者情報があればご家族が警察に通報することもできるはずです。

また離れて暮らしていると家族がなかなか気づけないのが小さな困りごとです。
例えば電球交換などです。
高齢者は今まで簡単にできたことをできなくなった時恥ずかしいと思う傾向にあります。
その結果それを伝えることが出来ず放置してしまうのです。
その小さな困りごとを会話する事で世間話のように聞き出すことができます。
こういったことは家族には言いにくくても他人には言いやすいのです。

このサービスは孤独死を防ぐだけでなく詐欺も防ぐ事が可能です。

 

6.親子のコミュニケーションのきっかけ

40歳を超えた皆さん、親とコミュニケーションをしっかりとっていますか。
私は40歳で親と同居していて毎日会話を絶対しています。
ですが親と同居していない人は多くいます。
そんな人たちはメールや電話を毎日できているのでしょうか。
多くの人は毎日はできていないのではないでしょうか。
できていない人は特に注意して頂きたい事があります。

それは孤独死と詐欺被害です。
最近ニュースで孤独死という言葉をよく見かけます。
一人暮らしの高齢者が家族に気づかれることなく、死後時間が経過してから異臭などにより近隣住民が気づくといったものです。
マンション住まいなどの影響もあり昔と違いご近所付き合いが少なくなったのが一番の原因です。

この孤独死を防ぐ、というか孤独死をそもそもさせない方法があります。
それは離れて暮らす一人暮らしの親とコミュニケーションをしっかりとることです。
それはどういったことか。
あなたは親の持病を知っていますか。
通っている病院を知っていますか。
病院の診察結果を知っていますか。
最近の体調を知っていますか。
以上のような情報を共有できていますか。
これができていればあなたが親の不調に気づき対処できる可能性が確実に上がります。
例えばネットで病状を調べたり名医を探したりすることだってできます。
あなたには簡単にできるネット検索も高齢者になるとなかなか難しくなるものです。
こういったことがコミュニケーションをしっかりとっていればできるのです。

次に詐欺被害です。
40歳になると親は大体60歳を超えてきます。
そんな親に対して詐欺被害にあわないか心配な方は多くいると思います。

平成30年の詐欺認知件数は17844件で被害総額は約382億円です。
これは1日辺り48件起きている計算になります。
また1件辺りの被害額は200万円です。
一瞬で200万円もの大金が奪われる詐欺が毎日48件も起きているのです。
これは驚きの数字ではないでしょうか。
またその被害者の中で特に多いのが一人暮らしの高齢者です。
なので離れて暮らす一人暮らしの親がいる方は特に注意して下さい。

ではコミュニケーションをしっかりとっていると、詐欺被害に対してどういった効果が期待できるのでしょうか。
それは気づきです。
詐欺被害にあうかあわないかの分かれ目は詐欺に気づけるかどうかです。
例え親が気づけなくても家族が気づければ詐欺は防げます。
この気づく可能性がコミュニケーションを毎日とっていれば大幅に上がります。
なので同居している高齢者の方が詐欺被害者は少ないのです。
詐欺はいつ襲い掛かってくるかわかりません。
詐欺師の初動アプローチからいかに短い時間で気づけるかが重要なので、毎日のコミュニケーションをしっかりとることをおすすめします。

弊社サービスを使って頂ければ何かあった時に連絡すればいいのであまり連絡を頻繫に取り合って
いない人のきっかけにもなるはずです。


料金やオプション内容はこちら

 

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします

株式会社 絆

電話番号
0120-558-527
(お客様専用通話無料)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら