見守りサービス

ホーム ≫ 被害者になってしまったら ≫

詐欺集団に騙され被害者になってしまった時気をつけること

警察庁の発表で平成30年の特殊詐欺認知件数は17844件です。
ということは詐欺師集団に騙されてしまった被害者がその数近くいることになります。
また警察に通報していない人や騙された事に気づいていない人を含めたらもっと人数は多いのではないでしょうか。
特殊詐欺認知件数はここ数年横ばい状態で毎年15000件程度あります。
それだけの被害者が毎年増えているのです。


この状況でも自分は大丈夫と言えるでしょうか?
たしかに昔の詐欺師集団の手口は幼稚で種類も少なくそんな事で騙される人がいるの?と思ってしまうくらいレベルが低かったです。
ですが今は違います。
最新の詐欺師集団は進化を続け手口も巧妙化し種類も豊富です。
弊社ホームページの詐欺の手口一覧でもふれていますが代表的な手口だけで20種類も確認されています。
でも周りに詐欺被害にあった人いないからと思っていませんか。
詐欺被害者の多くは被害にあった事を恥ずかしいと思い隠す傾向にあります。
なので周りにも体験している方がいるかもしれません。

ここで本題に入りましょう。
もし詐欺師集団に騙されて詐欺被害者になってしまった時はどうするか。


まず速やかに警察に通報して下さい
これは犯人を捕まえるだけでなく二次被害、三次被害を防ぐためです。
また確率は低いですが犯人が警察に検挙されたらお金が帰ってくる可能性があります。
平成18年から
被害回復給付金支給制度が組織犯罪処罰法で改正されました。
これは詐欺罪などで詐欺師集団が得た財産はその犯罪が組織的に行われた場合でも、マネーロンダリングされた場合でも刑事裁判により剝奪できるようになっています。
この刑事裁判というのがポイントで警察に通報しなければ立件されないで刑事裁判が行われなくなってしまうからです。


次にどうすればいいかわからなくなると思います
その際は以下に相談しましょう。

消費者ホットライン番号 188
詐欺専用警察相談窓口番号 #9110


そして嫌だとは思いますが詐欺被害にあった事を家族に伝え相談しましょう
詐欺師集団に騙された体験がある被害者の多くは恥ずかしいという感情がうまれてしまいます。
ですが恥ずかしくなんかありません。
悪質な詐欺師こそ恥ずかしいと思わなくてはならないのです。
騙された事を恥ずかしいと思い誰にも相談しないとずっと一人で抱え込まなくてはいけません。
それは非常につらい選択になるはずです。
もう一度言いますが恥ずかしくありません。
家族に伝え情報をシェアして同じ被害に遭わないようにすることこそが絶対にやるべきことです。


家族に伝えられたら次に詐欺対策をして下さい。
なぜなら詐欺被害者情報は詐欺師集団に名簿で一覧情報が出回ってしまいます。
住所や電話番号、家族構成など一覧で筒抜けの場合もあります。
また悪質な詐欺師集団からしたら一度引っかかった人は絶好のターゲットになってしまいます。
皆さん同じ体験はしたくないでしょう。
弊社ホームページのサイドメニューにある詐欺の情報や対策方を参考に速やかに対策することをオススメします。

 

どんな詐欺の種類と手口があるか知りたい方

詐欺の種類と手口一覧はこちら

詐欺対策をすぐに知りたい方

詐欺の対策一覧はこちら

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします

株式会社 絆

 
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら