【業界初】3社同時現地見積もりサービス

【業界初】3社同時現地見積もりサービス

4519b36436816ff8117a686cc71cd3ac_s

ホーム ≫ 特殊清掃の料金相場 ≫

特殊清掃の料金相場

株式会社絆の3社同時現地見積もりサービス

株式会社絆では1回の現地見積もりを3社同時に行えるサービスを提供しています。
特殊清掃業者を頼む時はこの後説明しますが現地見積もりと相見積もりは欠かせません。
ですが通常現地見積もりは1社ずつ行われます。
その現地見積もりを弊社サービスを使えば同時に3社相見積もりできるのです。
業者を探す手間、手続きする手間、見積もりする手間をかなり減らすことができます。
是非ご利用ください。
3社同時現地見積もりサービスはこちらをクリック

特殊清掃とは

1048688_s
特殊清掃とは孤独死や自死があった現場を原状回復させる行為です。
この現場は通常の清掃では元通りできません。
それはなぜか。
遺体のあった現場は体液や血液、汚物、害虫など様々なものが残されています。
これらを専用の機材や薬剤を使い一つずつ除去していくのです。
またこの現場には感染症の危険が常に付きまといます。
その為作業員は防護服、防毒マスクが欠かせません。
その結果料金相場は他の清掃業者と比べ比較的高めに設定されています。

特殊清掃の仕事内容

特殊清掃は何を行うか具体的に上げていきます。

まずご遺体のあった場所の床の汚れを落とします。
壁などに血液がある場合これもきれいにします。

体液や血液、汚物の付いた布団や畳、カーペットを片付け引き取ります。

ご遺体の発見時期が遅ければ遅いほど害虫が大量に発生します。
ゴキブリやウジ、ハエなどです。
これらは近隣住民に迷惑をかける原因ともなるため部屋の外に出ないように殺虫剤などで完璧に除去します。

現場には死臭と言われる強い臭いが存在します。
それを専用の薬剤を使い除去します。
また最近ではオゾン脱臭機を使い臭いを化学的に除去します。

体液や血液が染み付いてしまうと取り除くことができなくなってしまうことがあります。
そういった場合原状回復ができないのでリフォーム工事を提案されることもあります。

孤独死や自死の現場には故人の物が大量に残されています。
その中でいるものといらないものを区別して引き取ってくれる遺品整理が最後の仕事になります。

特殊清掃の料金相場

はじめに特殊清掃の料金相場ですが業者によって料金はだいぶ異なります。
それはこの特殊清掃の特徴でもある現場の状況によって料金が全く違うことに原因があります。
極端な話、ご遺体が3日後に発見された現場と半年間放置された現場では作業の難易度が全く違います。
またこの難易度が料金と直結します。
この難易度を判定するのが人である為料金が全く違う結果になってしまうのです。

それでは一般的な特殊清掃の料金相場です。
・人件費  |¥20000程度
・床清掃  |¥30000~
・浴室清掃 |¥50000~
・除菌剤散布|¥30000~
・オゾン脱臭|¥40000~
・害虫駆除 |¥30000~
・畳の除去 |¥5000程度
・遺品整理 |¥50000~
・リフォーム|¥???

まず作業員の人件費です。
孤独死や自死の現場は精神的苦痛も伴う非常に過酷な現場です。
その為人件費も他の清掃業と比べ高めに設定されています。
たしかに自分が10000円で特殊清掃の仕事ができるかと聞かれれば多くの人が無理だと答えるはずです。
なのでこの金額も納得できるのではないでしょうか。

床清掃です。
これはご遺体が床の上にあった場合にその場所を清掃する料金です。
コンクリートの上など体液や血液が染みこみにくい場所ほど料金相場は安くなります。
逆に染み込む範囲が広ければその分料金相場は高くなります。

浴室清掃です。
これはご遺体が浴室の湯船の中にあった場合の清掃料金です。
ご遺体が長期間水の中に放置されていると内蔵などが水に流れ出てしまいます。
警察が大部分は回収してくれますが完全ではありません。
それらを取り除く前に栓を外してしまうと配水管が詰まってしまいます。
そうならないように湯船の中身を水分だけにしておく必要があるわけです。
ですがこの作業はかなりの精神的苦痛を伴います。
その為料金相場はどこも比較的高めに設定されています。

除菌剤散布です。
この特殊清掃の現場は血液や体液が長期間放置されていたため感染症の危険が伴います。
その為除菌行為が必須になります。

オゾン脱臭です。
化学の進歩によりオゾンによって臭いを除去することができる装置が最近出てきました。
数万円台の安いものから100万円以上する高い装置まで様々あります。
高い装置ほど料金相場は高くなります。

害虫駆除です。
特殊清掃の現場には多くの害虫が発生します。
その害虫を殺虫剤などを用いて全て除去しなくてはいけません。
害虫の量や範囲の広さによって料金相場は変わります。

畳の除去です。
血液や体液が染みこんだ畳は掃除しても元には戻りません。
その為引き取ってもらうことになります。
引き取ってもらうものに関しては車両運搬費や処分費がかかるため個別に料金がかかります。
これが浴槽だった場合¥30000~になるでしょう。

遺品整理です。
故人の荷物を引き取ってもらう場合料金が発生します。
引き取ってもらう荷物が多ければ多いほど料金相場は高くなります。
¥50000~という料金は荷物を一部引き取ってもらう料金です。
ワンルーム全ての荷物を引き取る場合はだいたい¥100000円程度になります。
もちろんこれは遺品整理だけの料金なので特殊清掃の料金は別にかかります。

リフォームです。
血液や体液が染みこんだ場合など特殊清掃を行っても原状回復できない場合があります。
そういった場合リフォーム工事をしてそう取り換えします。
畳などはそれほど料金はかかりませんが床の張替えや壁紙の張替え浴室のリフォーム工事は高額の料金が発生します。
リフォーム工事が必要な場合は特に注意して下さい。

 
特殊清掃業者の見積もり比較はこちらをクリック

特殊清掃業者を頼む時の流れ

実際に自分が特殊清掃業者を頼む時の流れを説明します。

1・孤独死や自死の現場を発見しご遺体がまだ残されている状況の場合速やかに警察に通報して下さい。
警察が検視を行い事件性の有無を調べます。
検視が終わるまで現場への立ち入りはできません。
なにか勝手に持ち出すことをしてもいけません。

2・ご遺体は警察によって運びだされます。
そうなって初めて部屋に出入りできるようになります。

3・賃貸物件の場合、大家さんまたは管理会社に連絡してください。
原則として原状回復が基本となります。
大家さん側がどの程度原状回復を求めているのか知っておく必要があります。
双方の原状回復の認識に違いがあればあるほど後でトラブルに発展します。

4・特殊清掃業者を決める
特殊清掃業者を決める際は必ず現地に来てもらい見積もりを行って下さい。
また複数の業者に見積もりしてもらう相見積もりを徹底して下さい。

なぜなら特殊清掃業界は業者によって料金が2倍違うことが日常茶飯事だからです。
現地見積もりと相見積もりで料金相場を比較しましょう。

5・作業完了
大家さん側との原状回復の認識が問題なければ終了となります。

大家さんとのトラブル事例

孤独死や自死の現場は原状回復して退去することになります。
この原状回復の認識の違いで大家さんともめることがあります。

まず大家さんの側に立って話をすすめます。
孤独死や自死の現場は心理的庇護物件といって物件の価値が極端に下がります。
その上料金を近隣の料金相場より下げてもなかなか借り手が付かないこともあります。
今後大損害になるのは目に見えています。

ここで原状回復の話に戻りますが例えば浴槽でご遺体が見つかったとします。
原状回復だけなら掃除をキレイにすれば使うことはできます。
ですがご遺体があった浴槽を使いたい人などいません。
結果浴槽の交換が妥協点になるでしょう。

ですが大家さん側からしたら浴室全体を取り替えてしまう方が今後の入居者に説明する際有利になります。
なので浴室全体のリフォームが希望になります。

浴槽の清掃だけなら数万円。
浴槽の交換なら十数万円。
浴室のリフォームなら百万円程。
とこれだけ料金が変わってきます。

なので原状回復の認識の違いを甘く見ないようにして下さい。

またこのような事例が起こる為大家さんや管理会社の紹介する特殊清掃業者は極力使わないようにしましょう。
なぜなら提携業者なら大家さんや管理会社の意向に沿った提案を必ずしてくるからです。
本来ならリフォーム工事をする必要がないのにも関わらず大家さんや管理会社の意向に沿ってリフォーム工事を勧められてしまう可能性があるからです。

特殊清掃業者を自分で探すのは面倒ですが必ず自分自身で探してください。

特殊清掃業者とのトラブル事例

特殊清掃業界は料金相場が非常にわかりにくいです。
その為多くの料金トラブルが存在します。

まずはじめに気をつけるポイントです。
それは必ず現地に来てもらい見積もりをしてもらうということです。
携帯で打ち込んだだけで料金比較する一括見積もり比較サイトなど絶対に使わないで下さい。
なぜなら現場を見てもいないのに料金がわかるわけがないからです。
そういった比較サイトは契約を取る為に安めの料金を設定します。
契約が完了して実際作業に入ってから聞いていたはなしとちがうから追加料金が発生するなどといった追加料金トラブルに発展することが多くあります。
こういった追加料金トラブルを防ぐために必ず現地見積もりをしてもらいましょう。

またこの業界は現場の状況によって料金相場が決まる為特殊清掃業者によって料金が2倍違うことも日常茶飯事です。
その為複数の業者に見積もりしてもらう相見積もりを必ず行って下さい。
多くの業者に見積もりしてもらえば料金相場も見えてくるはずです。
相見積もりを3社同時に行うならこちらをクリック

特殊清掃業者を選ぶポイント

特殊清掃業者を選ぶ際重要なのは料金と作業の質です。
料金は料金相場より高すぎてもダメですが安すぎても危険です。
安すぎる場合作業の質に問題があることが多いためです。

この2つを見極めるためには現地見積もりと相見積もりが必須になります。
まず現地見積もりを行うことでどういった作業を提案するのかがわかります。
その内容によって作業の質を知ることができるでしょう。
説明さえもしっかりできない業者は作業も中途半端な可能性が高いです。

相見積もりは料金比較にすぐれています。
3社程度行うことで料金相場がわかります。
他の業者より著しく高かったり安かったりした場合注意が必要です。

このことを念頭に置いて業者を比較する事がポイントになります。

一括見積もり比較サイトがダメな理由

特殊清掃業界は現場の状況によって料金が変わってきます。
その為一括見積もり比較サイトなどでよくある現場の状況を見ていないで出された概算料金(だいたいこれぐらいの料金ですよ)はなんのあてにもならない料金になってしまいます。
現場の状況を確認していないため後で追加料金が発生する可能性も非常に高くなります。
現地見積もりをしないでだした料金は信用しないでください。

これが現場の状況に左右されないただの清掃サービスだったら一括見積もり比較サイトでもなんの問題もありません。

現地見積もりが必要な特殊清掃やゴミ屋敷清掃、リフォーム工事や引っ越し業界などは一括見積もり比較サイトは役に立ちません。