【業界初】3社同時現地見積もりサービス

【業界初】3社同時現地見積もりサービス

4519b36436816ff8117a686cc71cd3ac_s

ホーム ≫ 特殊清掃まとめ ≫

特殊清掃のあれこれ

目次

1.特殊清掃とは
2.特殊清掃業者とは
3.特殊清掃業者を選ぶ最重要ポイントは技術力
4.特殊清掃の料金
4.5特殊清掃の料金項目
4.63社同時現地見積もりサービスの実用例
5.特殊清掃の悪徳業者に注意
6.事件現場特殊清掃士
7.コロナ消毒清掃と特殊清掃
8.特殊清掃を頼む際重要な現地見積もりと相見積もり
9.サービス業界を使うときは必ず相見積もりで業者を比較
10.もし親や兄弟が孤独死してしまったら
11.特殊清掃業者と遺品整理業者の違い
12.特殊清掃業者を頼むことになった時気をつけること
13.法律上特殊清掃を行うのは誰か
14.大家さん、管理会社、地方自治体の皆さん

はじめに

弊社では3社同時現地見積もりサービスを提供しています。

・3社が同じ時間にお宅で現地見積もりをします
・紹介するのは優良企業なので安心


これはサービス利用者様のお宅に3社が同じ時間に現地見積もりをするサービスです。
これを使うことで通常1社ずつしか行われていない現地での見積もりを3社同時に行えます。
時間効率だけでなく同時に呼ぶことで料金比較だけでなく何をやってくれるのかというサービスの質も比較することができます。

紹介する企業はもちろん審査しています。
業界歴が少ない企業は登録できません。
さらに登録して終わりではなく紹介しても選ばれ続けない企業や万が一クレームが多い企業は取引を中止しています。
100社以上の中から無作為に探すのは何を基準にすればいいかわかりません。
悪徳業者に出会う確率を下げる為にも弊社がサポートいたします。
是非ご利用ください。
特殊清掃業者をお探しならこちらをクリック

特殊清掃とは

1048688_s
弊社がいう特殊清掃とは孤独死や自死などがあった現場を原状回復したり、コロナなどのウイルスを消毒、除去する清掃業です。
またゴミ屋敷やペットの臭いを消臭する作業も含みます。

最近ニュースでよく見かけるようになった孤独死。
この現場は元に戻さなければ人がまた住めません。
その為特殊清掃をして元の状態に戻すのです。

死体があった現場は大変凄惨なものになります。
その凄惨な現場の汚物や血液、肉片や体液の除去、またそれに伴い発生するハエやウジの駆除です。
その他、死臭などの異臭も根本から処理しなければいけません。
表面上の汚れだけきれいにしても床や壁にしみ込んだ臭いの元を絶たなければすぐ再発してしまいます。

また特殊清掃の現場はどんな感染症があるかわかりません。
その為防護服や防毒マスクで自身の身を守ります。

このように特殊清掃とは素人が絶対にできない、やってはいけない作業です。

特殊清掃業者とは

1089698_s
特殊清掃業者とは特殊清掃を行う高度な技術を持ったプロフェッショナルです。
特殊清掃は特殊な機材や薬剤を使い普通には絶対に落とせない汚れや匂いを無くし原状回復を目指します。

汚染した布団やカーペット、畳などを処理もしてくれます。
特殊清掃の現場には害虫駆除も欠かせません。
近隣の住民に害虫は被害を及ぼす可能性がある為早急に対応しなければいけません。
臭いは近年オゾン消臭機を使い対応する業者も増えてきました。

ですがそれだけでは完璧に原状回復できない場合があります。
それは血液や体液などが床や壁に染み込んでしまった時です。
そういった場合、機材や薬剤だけで対処することはできません。
なので床の取り換え、風呂場の交換なども提案してくれます。

現場を元の状態に戻すために様々な方法を提案して実行してくれるのが特殊清掃業者です。

特殊清掃業者を選ぶ最重要ポイントは技術力

2444771_s
特殊清掃業者はとにかく技術力の違いが如実に現れます。
ではその技術とは何でしょうか。

特殊清掃は洗剤をつけたスポンジでゴシゴシすれば落ちる汚れではもちろんありません。
特殊な機材や特殊な薬剤を使います。
ですが中にはそれでも原状回復できない場合がもちろんあります。
それは壁や床などに体液や血液が染み込んでしまった場合です。
そんな時は壁や床などをそう取り換えするリフォーム工事を提案されます。

ここがポイントです。
機材や薬剤で原状回復がほとんどできない技術力の低い特殊清掃業者はすぐにリフォーム工事を進めてきます。
この原状回復を目指すかリフォーム工事をするかの境目は特殊清掃業者の技術力で決まります。

たしかに床や壁をそう取り換えすればそれはもちろんきれいになり原状回復もします。
ですがそれと同時に高額な料金を請求されることになります。

しっかりとした技術力がある特殊清掃業者を見つける為には複数の業者に相見積もりをして現地を確認してもらいその中から選ぶのが重要なポイントです。
技術力を3社同時に比較するならこちらをクリック

特殊清掃の料金

422135_s
特殊清掃に関して一番多い疑問は料金相場ではないでしょうか。

様々な特殊清掃を行う業者が見栄えのいい言葉を使いホームページで料金を紹介します。
・料金最安値に挑戦
・料金最安3万円から
・ワンルーム料金5万円から
などまだまだ沢山あります。
ですがこのような料金は一切参考になりません。

なぜなら特殊清掃は現場の状況次第で値段が全く変わるからです。
どういったことか説明すると例えばご遺体の発見時期です。
一週間後なのか3か月後なのか。
これによって作業の難しさが大分変わってきます。
血液や体液が床や壁に浸透してしまえばそれも対応しなければいけない為です。

なので結局のところ

業者が現場を実際に見て見積もりしないと正式な料金は絶対に出ません

これだけ覚えて下さい。
特殊清掃業者の料金を比較する際は相見積もりを徹底して下さい。

最後に弊社の3社同時現地見積もりサービスを使えば一回の登録で3社同時に現地見積もりができます。
また料金の相見積もりだけでなく提案するサービス内容もその場で比較できるので業者選びに困ったら弊社にお任せ下さい。

特殊清掃の料金項目

4025619_s
特殊清掃業者を比較する際覚えておくと役立つ料金項目です。
どんなことで料金がかかるのか知っているだけで悪徳業者を見抜く手助けになるはずです。

まずは人件費です。
作業人数が増えるほど料金は高くなります。
作業内容によって料金は前後しますが1人辺り2万円が相場です。

汚染した床等の清掃料金です。
範囲が広ければその分料金は高くなります。

除菌剤の散布料金です。
特殊清掃現場はどんなウイルス、感染症の恐れがあるかわかりません。
現場全体に散布します。
使う薬剤、範囲によって料金は変わりますがだいたい3万円が相場です。

オゾン脱臭装置を使った消臭です。
1日いくらで料金を取っている業者が多いです。
料金は1日4万円が相場です。

汚染箇所の解体作業です。
汚染箇所が床下などまで到達してしまった場合、床を解体しなければいけない時があります。
範囲が広ければその分料金は高くなります。

壁紙はがしです。
壁紙に血液や体液が付いた場合壁紙を剝がす必要があります。
こちらも範囲が広ければその分料金は高くなります。

汚染した布団、カーペット、畳、浴槽などの撤去です。
撤去するものの大きさ、種類で料金が変わります。

これが特殊清掃にかかる料金費用の一例になります。
この他に故人の遺品をかたしてほしい場合はその分料金は高くなります。
また解体しなければ原状回復できない場合、解体料金の他に追加工事の料金もかかります。

特殊清掃業者によって項目に若干の違いはありますがこれが大まかな項目です。
特殊清掃業者の料金比較する場合、何にいくら料金がかかっているのか比較することで見えてくることもあるでしょう。
特殊清掃業界は料金相場がない業界なので横の比較、つまり業者の比較をすることで料金相場、適正価格を知ることに繋がります。

 

3社同時現地見積もりサービスの実用例

4507958_s
株式会社絆ではお宅で見積もりが3社同時にできるサービスを提供しています。
それでは普通に1社だけ見積もりをしたAさんと弊社サービスを利用したBさんの実用例を見ていただきたいと思います。

Aさんが現地見積もりを頼んだのはC社です。
内訳は
人件費12万円(3万円×2人×2日間)
特殊清掃費12万円
オゾン脱臭費5万円
家財撤去費15万円
最後簡単な清掃のみ
総額費用は44万円

BさんはC社の他にD社とE社も見積もりに同時に来てもらいました。
D社の内訳は
人件費10万円(2.5万円×4人)
特殊清掃費13万円
オゾン脱臭費6万円
家財撤去費15万円
最後に薬剤を使った徹底クリーニング
総額費用は44万円

E社の内訳は
人件費6万円(2万円×3人)
特殊清掃費14万円
オゾン脱臭費4万円
家財撤去費15万円
総額費用は39万円
最後に簡単なクリーニング

こういった見積もりになりました。
3社比較することで見えてくることがあります。
今回特に注目してほしいのはC社は2日間に分けて作業をするということです。
D社は4人、E社は3人連れてくることで全て1日で終わらしてしまおうということになります。
サービスを受ける側として2日間かかるより1日で終わった方が確実にいいはずです。
会社の大きさによって作業する人が大量に確保できていない場合があります。
そういった場合同じ作業量でも作業時間に違いが出てきてしまうのです。

またC社の場合人数が少ないため作業時間が長くなります。
その分1人当たりの人件費が高くなってしまうのです。

今回の例では作業の質で決めれば作業人数が一番多くクリーニング作業をしっかりやってくれそうなD社。
料金比較で決めればE社になるでしょう。

このように料金比較だけでは分からないことも多くあります。
ましてや1社だけで決めてしまうなど絶対にありえません。
数千円のサービスならそんなに慎重にならなくてもいいかもしれません。
ですが多額の料金が発生する場合は慎重に検討する方が絶対にいいでしょう。
最悪の場合もう一度頼まなくてはいけないといった悪徳業者に出会ってしまう可能性もあるのですから。
業者の料金比較ならこちらをクリック

特殊清掃の悪徳業者に注意

1494234_s
孤独死や自死についてニュースに取り上げらることも多くなりその一方で特殊清掃についても情報が取り上げられるのを目にするようになりました。

ですがネットなどでは残念な情報が出てくるようにもなってしまいました。
それは特殊清掃業者は簡単に儲かるといった情報です。

その結果近年急速に特殊清掃業者は増えています。
そうなってくると必然的にお金を稼ぐことだけを考えた業者も集まってきます。

別にお金を稼ぐのは悪いことではありません。
ですが正当な料金を取らないのは悪いことです。
悪いことなのですが実際に料金をいかに多く取るかだけを考えている悪徳業者は確実に存在します。

ここで悪徳業者を見分けるポイントを説明します。
特殊清掃は素人には未知の世界です。
使う機材や薬品も特殊で説明を聞いてもなかなかわからないでしょう。

なので複数の業者に必ず相見積もりをして料金比較と何をするのかの技術の比較をするのが有効になります。

悪徳業者は優良業者と比べて料金が高いことが多いです。
稀に異常に安い場合がありますがこの場合は質が確実に悪いです。
技術面においても未熟なので本来は張替えなどが必要ない場合も張替えを勧め料金を高く請求しようとしてきます。

また悪徳業者がよく使うアピールポイントがあります。
・年間作業実績1000件
・周りに迷惑がかかっているのですぐ決めた方がいいですよと焦らせる
・現地見積もりしないで料金を答えられると言う

まず孤独死や自死などの発見が遅れて特殊清掃を頼まなくてはいけない状況が日本全国で年間1000件あるのかどうかが怪しいです。
例え1000件あったとしても独占企業でない限りこの件数をこなすのは無理があります。

また周りに迷惑は確かにかけています。
ですが焦らせて判断力を奪うのは詐欺師がよく使う手口です。
迷惑は既にかけてしまっているので3社程度現地に見積もりに来てもらう事をオススメします。

経験が豊富なので電話で聞いただけで現地見積もりせずに料金が出せると言う。
これは絶対ありえません。
言葉で伝えた情報だけでその場の状況を正確に理解できるのはエスパーだけです。
現場の状況は死後日数だけでなく湿度や密閉具合など様々な要因が重なり作られます。
それをしないで料金を出す業者の多くは後で追加料金が発生する可能性が高いです。

このようなポイントを抑えて納得できる業者が見つかるまで探すことをお勧めします。
万が一悪徳業者に被害にあってしまった場合

消費者ホットライン 局番なしの188

に電話で速やかに相談して下さい。
 

事件現場特殊清掃士

一般社団法人事件現場特殊清掃センターのつくった民間の資格になります。
資格を取得するには会費を払うようです。
そうすることで最低限の知識が学べます。

ですが資格といっても公的な試験などはありません。
公的な資格と違いテストで何点取ったから資格者になったということでもありません。
資格があるから優良業者、無いから悪徳業者というわけではありません。

よって弊社では事件現場特殊清掃士の資格の有無で業者の優劣を判断しません。

コロナ消毒清掃と特殊清掃

1089698_s (1)
防護服に防毒マスク。
普段なかなか目にすることのない代物です。
ですが今現在猛威を振るっているコロナウイルスの消毒作業のニュース映像で目にすることも増えてきたのではないでしょうか。

コロナ患者が発生した現場は消毒しなければまたコロナ患者が発生してしまいます。
そこで活躍するのが特殊清掃業者です。

特殊清掃業者は孤独死や自死などの現場の特殊清掃を日々行ってきました。
特殊清掃は上記でも説明しましたが未知の感染症との戦いでもあります。
その為防護服、防毒マスクの扱いに慣れておりそれと同時に感染症に対する知識もあります。

大規模な範囲、例えば企業や大きな施設などでコロナ患者が出た場合なかなか個人で消毒するのは不可能です。
そんな時は特殊清掃のプロフェッショナル、特殊清掃業者に頼む事をオススメします。

特殊清掃を頼む際重要な現地見積もりと相見積もり

2232339_s
特殊清掃を自分自身で頼むことになったらどうすればいいのか。
まず大事なのは現地見積もりと相見積もりです。

通常自分で特殊清掃業者を探すことになった場合ネットで探す人が多いのではないでしょうか。
業者のホームページでは部屋の大きさなどによって料金がでているはずです。

ですがそれは概算料金です。
大体これぐらいですよーといった全く当てにならない金額です。
それはなぜか。
特殊清掃は現場の状況次第で値段が全く変わるからです。

特殊清掃の料金については上記で詳しく説明しています。
特殊清掃の料金は最終的に現場を見てもらわないと正確な料金がでないという結論です。

そこで現地見積もりと相見積もりの説明をします。
現地見積もりとは業者が実際に現場の状況を確認して料金を決めることです。
相見積もりとはその現地見積もりを複数の業者にしてもらい料金や技術面の違いを比較することをいいます。

サービス業界には定価が存在しません。
適正料金が存在せずなかなか法律でも規制されません。
そんな所には確実に悪徳業者が潜り込みます。

特殊清掃を自分が頼むとなった際は様々な要因が重なり冷静な判断が出来ない可能性があります。
例えば自分の親が孤独死してしまった。
警察にも事情を聞かれ市役所などの必要書類の提出、葬儀の準備、大家さんからの原状回復の料金請求など確実に大変です。
そんな中数多くの特殊清掃業者の中から1つを選ぶ余裕が皆さんにあるでしょうか。
私自身親の葬儀の時はしばらくバタバタして冷静な状況だったとは今振り返っても思えません。
冷静に業者を選ぶことが後で後悔しない為の最善策なのでしっかりと準備して決して慌てないでください。

最後に弊社では現地見積もりと相見積もりを一緒にすることで1回の見積もりで同時に3社相見積もりできるサービスを提供しています。
これにより少しでもサービス利用者様の負担を軽減する事が出来ればと考えております。
よろしければご利用ください。

現地見積もりと相見積もりを同時に行うなら

1回の見積もりで3社比較したいならこちらをクリック

サービス業界を使うときは必ず相見積もりで業者を比較

4124780_s
特殊清掃だけに限らず様々なサービスがあります。
なかでも現地で見積もりしなければ料金が確定しないサービスは注意が必要です。

そもそも料金相場が決まっているなら比較的安心です。
ですが皆さんが日常的に使わないサービスであればあるほど料金相場が決まっていません。

特殊清掃業界は一生に一度使うか使わないかでしょう。
葬祭業もそうです。
葬式に参列することはあっても自分が葬儀の準備をする機会はそうそうないはずです。
遺品整理業者もなかなか使うことはないでしょう。

こういったサービスはなかなか使わないですがいざ必要になった時はとても助かるサービスになります。
自分で出来ない事をやってくれるサービスだからです。
だからこそ後で後悔しない為に業者選びに気を付けて頂きたいのです。

後悔しない為に重要なポイントは
あなたが求めている事をしてくれる業者か?
料金は適正か?
の2つです。

この2つを調べる為に相見積もりで業者を比較して下さい。
相見積もりとは複数の業者に見積もりを依頼し料金を比較することです。
比較することで料金相場が見えてくるはずです。
また自分が求めている事をどうやって達成してくれるか比較することで業者ごとの様々な提案を聞くことでより理想に近づけるでしょう。

料金が高ければ高いほど失敗した時後悔の念は強くなります。
失敗しない為にもしつこいですが相見積もりで業者を比較することを強くオススメします。

もし親や兄弟が孤独死してしまったら

2208564_s
もし親や兄弟が孤独死してしまった時、賃貸住宅に住んでいたら連帯保証人や身内であるあなたに警察や大家さん、賃貸住宅の管理会社から連絡が来ることになるでしょう。

もし身内があなた一人の場合は一人で後片付け、遺品整理をしなければなりません。
それだけではなく大家さんや管理会社から早く出ていけや高額の原状回復料金を請求されるトラブルに発展するケースも少なくありません。

そういった大家さんや管理会社の対応の他に葬儀の準備や役所への書類の準備など大忙しのはずです。
ですがここで絶対にやってはいけないことが1つあります。

それは大家さんや管理会社にかかった料金は払うので任せますと言ってしまうことです。

これだけは絶対にしないでください。
理由を説明していきます。
まず孤独死だった場合、発見時期がとても重要になってきます。
例えば1週間だった場合と3か月だった場合です。
1週間だった場合、床や壁などに体液や血液が染み込んでおらず害虫なども発生していないでしょう。
ですが3か月だった場合床や壁に染み込んでいる可能性が高くなり、清掃だけでなくリフォーム工事をしなければならない可能性が出てきます。
そうなると下手したら請求額が1桁変わることもありえます。

ここで視点を変えて大家さんの立場に立って考えてみましょう。
孤独死などがあった部屋は心理的庇護物件として次に入居する人がなかなか決まらず家賃も大幅に下げなくてはいけません。
今後大損害になります。
ですからできれば清掃して終了ではなくいっそのこと全体をリフォームするといった考えになってもおかしくありません。
言わば大家さんも被害者です。

ですがここで先ほどの絶対にやってはいけないことです。
もし任せてしまったら今回の孤独死とは全く関係のないリフォーム工事の代金を請求される結果になってしまいます。
たしかに原状回復に必要な床や壁などの工事はしょうがないでしょう。
しかしそれ以外のリフォームは全く関係ありません。
だから丸投げはしないでほしいのです。

それは孤独死現場を原状回復するプロフェッショナルの特殊清掃業者を頼む時も一緒です。
特殊清掃業者は自分で探した方が確実にいいでしょう。
なぜなら大家さんや管理会社に提案される提携業者は確実に大家さんや管理会社の意向に沿った内容の特殊清掃を提案するからです。
つまりリフォーム工事が必要なくてもリフォーム工事で話が勧められる可能性が高くなります。
特殊清掃は現場状況に応じて料金が全く違います。
また適正料金といった相場が確立していない業界なので丸投げは相手の言い値でいいですよと言っていることと同じです。

特殊清掃業者の探し方はここまで読んでくださった皆さんなら知っているはずです。
もう一度言いますが必ず現地に来てもらい現地見積もりをしてそれを3社程度行い料金や技術の比較、相見積もりを徹底して下さい。

やることが多くて大変でしょうが自分自身がやらなくてはいけないことと、人に任せてもいいことの線引きをしっかりとることだけは心掛けて頂きたいです。

特殊清掃業者と遺品整理業者の違い

2215686_s
特殊清掃業者と遺品整理業者の区別は何でしょう。
簡単に説明すると孤独死や自死などのご遺体があった現場の片付けなのかそうでないのかの違いになります。

ご遺体があった現場は特殊な機材や薬剤などを使い原状回復を目指さなければいけない為、特殊清掃業者にたのまなければいけません。
故人の荷物を買い取ったり引き取ったりしてくれるのが遺品整理業者です。

特殊清掃と遺品整理も同時に行う業者もいますが片方だけの場合もある為、自分自身がどちらに対応してるのか確認してから業者を選ぶようにしましょう。
一度に3社見積もりにしたいならこちらをクリック

特殊清掃業者を頼むことになった時気をつけること

2781171_s
特殊清掃業者を頼む時どんなことに気をつければいいのでしょうか。
それは何回かお話させて頂いていますが特殊清掃業界は料金相場がない業界という事をもう一度念頭に置いてほしいのです。

特殊清掃業界は料金相場がない業界で最近新規参入が多い業界です。
その為悪徳業者も多く存在します。

ですが料金相場がなくても料金比較することで適正価格はある程度わかります。
なので1社でも多くの特殊清掃業者の現地見積もりを依頼することを強くオススメします。
これは非常に面倒です。
ですがここで手を抜くと後で後悔するかもしれません。
悪徳業者に頼んでしまったら最悪の場合、もう一度他の業者に頼まなくてはいけなくなった事例もあるからです。

なので最低でも特殊清掃業者を決定する時は最低でも3社現地見積もりを依頼して料金比較するようにして下さい。
そうすることで悪徳業者を見抜く可能性が高くなるはずです。

法律上特殊清掃を行う人は誰か?

4506307_s
まず初めにこの内容はあくまで一般論になります。
法律とは文言の受け止め方、視点によって結果が変わってきます。
特に相手方に弁護士が介入した場合トラブルに発展する可能性は高いでしょう。
なのでトラブルに発展した場合速やかに弁護士に相談することをオススメします。

まず賃貸住宅の場合、家主は亡くなっている状況です。
その場合、家族が払わなければいけないのか分からないと思います。
なので法律上誰に支払い義務が発生するのでしょうか。

優先順位が1番高いのは連帯保証人です。
家主が亡くなったので次に支払い義務が発生するのは法律上、連帯保証人になります。

次に法定相続人です。
よく家族が払わないといけないのですかという質問があります。
家族というより法律上は法定相続人ということになります。
ここで問題になるのは相続を放棄した場合です。
この場合よく払わなくていいと断言している人がいますが断言はできません。
法律家によっても意見が分かれるからです。
なので相続を放棄して問題なければいいですが、もし大家さんや管理会社とトラブルに発展した場合はすぐに弁護士に相談するようにしてください。

最後に大家さんです。
請求する相手がいない場合大家さんの実費になります。
その部屋の価値は周辺の家賃と料金比較してもちろん下がり、近隣住民も出ていってしまう可能性もあります。
被害者といってもいいでしょう。

大家さん、管理会社、地方自治体の皆さんへ

2440728_s
賃貸物件のオーナーの大家さん、大家さんに物件の管理を委託されている管理会社、都営住宅や市営住宅を管理している地方自治体の担当課の人に是非オススメしたいサービスがあります。

それは弊社の3社同時現地見積もりサービスです。
現状皆さんには取引している業者が存在しているはずです。
ですがその業者は優良業者でしょうか。

少しでも不安がある場合弊社に一度ご相談下さい。
弊社サービスは一度の見積もりに3社同時にお伺いいたします。
今取引している業者と料金比較することで適正価格かどうか、作業の質が高いかどうか合計4社で比べることで見えてくることが確実にあるはずです。

より多くの業者の提案を聞くことが遠回りのようですが優良業者に出会う近道だと考えています。
弊社サービスが優良業者に出会うサポートをいたします。
優良業者を見つけたい人はこちらをクリック

株式会社 絆

営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら