見守りサービス

ホーム ≫ 詐欺の被害者年齢性別割合 ≫

詐欺の手口ごとに違う年齢や性別の割合は

表II-10 特殊詐欺の手口別被害者年齢・性別割合(平成24年)

出典第1項 高齢者の犯罪被害対策 - 警察庁Webサイト

皆さんは詐欺手口の種類によって被害者の性別や年齢が全く違う事を知っていますか?
私はこの表を見るまで詐欺による被害者は高齢者が多い位の認識でした。
ですが表を見ると男性が圧倒的に被害に遭いやすかったり、高齢者の中でも若い人の方が被害に遭いやすかったり様々でした。
この表からわかることは詐欺手口の種類ごとの被害に遭いやすい年齢や性別です。
ということはこの表は詐欺対策に役立てると思いませんか。
パーセンテージが高い部類の人ほどその詐欺手口の種類に気をつければいいのです。
では一つずつ見ていきましょう。


 

特殊詐欺全体

まずは特殊詐欺全体の数字を見てみましょう。
一番の特徴は男性より女性の方が騙されやすいという点です。
母性本能がでた結果でしょうか。
それとも男性の方が比較的冷静なのでしょうか。

次にやはり高齢になればなるほど騙される確率が高くなっています。
特に高齢の女性は59歳以下で11.2%、60歳代で20.2%、70歳以上で40.2%、と10歳ごとにほぼ倍増していってます。

このデータからわかることは一人暮らしの70歳以上の女性は特に特殊詐欺に気を付けなければならないということです。
 

振り込め詐欺全体

次に振り込め詐欺全体です。
これも特殊詐欺全体とほぼ同じ数字です。
なので男性より女性が騙されやすく高齢になればなるほど騙される確率が高くなります。

一人暮らしの女性の高齢者は特に気をつけてください。

オレオレ詐欺

次に未だに被害認知件数が圧倒的に多いオレオレ詐欺の手口です。
これは驚くべき数字が出ました。
59歳以下男性0.6%、、女性6.9%、
60歳代男性4.6%、、女性25.7%、
70歳以上男性12.0%、、女性50.2%、
です。
なんとオレオレ詐欺の被害者の半分は70歳以上の女性なのです。
また同年代の男性と女性を比べても圧倒的に女性の被害者が多いのが分かります。
60歳代の女性と70歳以上の女性を合わせると75%以上です。
この事から60歳以上の一人暮らしの女性は特にオレオレ詐欺には注意が必要だと分かります。

オレオレ詐欺の手口は家族に成りすますのが特徴です。
なので本人確認対策を実行して詐欺に遭わないようにしましょう。
本人確認対策とは家族間で暗号を決めておくことで詐欺に遭わないようにする対策です。
詳しくは弊社ホームページの詐欺対策一覧にありますので興味がありましたら是非一度ご覧下さい。


 

架空請求詐欺

次は架空請求詐欺の手口です。
これは今までとかなり違う結果になりました。
59歳以下男性20.4%、女性34.1%、
60歳代男性、6.3%、、女性7.5%、
70歳以上男性8.3%、、女性23.4%、
です。
架空請求詐欺は59歳以下の男性、女性で被害者の半数を超えています。
またここでも70歳以上の女性はパーセンテージが高いです。

この事から架空請求詐欺はどの年代でも騙される可能性があるので若いからといって安心しない方がいいということが分かります。
 

融資保証金詐欺

次は融資保証金詐欺の手口です。
これは今までと全く違うデータです。
59歳以下男性52.4%、女性12.9%
60歳代男性17.6%、女性4.8%
70歳以上男性10.9%、、女性1.4%
です。
なんと59歳以下男性だけで被害者の半数を超えています。
また女性よりも男性が圧倒的に被害に遭いやすく80%以上が男性の被害者です。

このことから融資に関する詐欺には若い男性程、注意しなければいけないということが分かります。
 

還付金詐欺

次に還付金詐欺の手口です。
やはり還付金という性質から高齢の年代程騙されやすくなるものと考えられます。
また男性より女性の方が被害に遭いやすいようです。
59歳以下男性0.5%、女性4.7%
60歳代男性6.2%、女性25.0%
70歳以上男性16.6%、女性46.9%
です。
60歳以上の女性の被害者が多い傾向にあります。
還付金詐欺の手口はハガキなどで多くの人にばらまける為詐欺師が好みやすく、被害者が多いのが特徴です。
なので60歳以上の女性は特に還付金の案内のハガキがきたらそのハガキにある連絡先には絶対に連絡しないで下さい。
何故ならその番号は詐欺師に繋がる可能性があるからです。
最寄りの市役所の電話番号がわかれば電話で、わからなければ検索エンジンで調べるか直接市役所に行って聞くようにして下さい。
 

振り込め詐欺以外の特殊詐欺全体

振り込め詐欺の手口以外の特殊詐欺全体です。
男性より女性が被害に遭いやすいく年齢を重ねるごとに被害に遭いやすい傾向です。
59歳以下男性9.1%、女性9.4%
60歳代男性8.8%、女性18.0%
70歳以上男性18.8%、女性35.9%
です。
どの年代、性別でも被害に遭う可能性があり中でも70歳以上の女性は特に注意が必要です。

金融商品等取引名目

金融商品等取引名目の手口です。
これは男性より女性が被害に遭いやすく高齢になるほど被害に遭う確率が高くなる傾向があります。
59歳以下男性3.7%、女性6.5%、
60歳代男性8.2%、女性19.9%
70歳以上男性20.8%、女性40.9%
です。
これは60歳以上の女性だけで60%を占めているので一人暮らしのの女性は特に注意が必要です。
 

異性との交際斡旋名目

異性との交際斡旋名目の手口です。
これは分かりやすい特徴がでました。
59歳以下男性55.8%、女性25.6%
60歳代男性11.6%、女性0.0%
70歳以上男性7.0%、女性0.0%
です。
59歳以下の男性だけで半数を超える被害者です。
また59歳以下の女性も含めると実に80%を超えています。
交際斡旋名目の手口は若ければ若いほど注意しなければいけないという結果になりました。

ギャンブル必勝情報提供名目

ギャンブル必勝情報提供名目の手口です。
これも特徴的な数字がでました。
59歳以下男性41.0%、女性28.4%
60歳代男性12.6%、女性7.7%
70歳以上男性6.5%、女性3.8%
です。
59歳以下の男性が最も多く、59歳以下の男女を合わせると全体の70%近くになります。
これはギャンブル関係の手口は若ければ若いほど、また女性よりも男性の方が被害に遭いやすい特徴があるので注意して下さい。
 

まとめ

いかがでしたか。
詐欺の手口が違うと被害者の年齢や性別が全く違う結果になりました。
このことから自分がどの詐欺に騙される確率が高いのかわかるはずです。
ご自分が該当する年齢や性別を当てはめてご自分に合った対策法を実行して詐欺に遭わないようにして頂きたいと思います。
弊社ホームページには詐欺の手口を一覧にしたもの、こちらは詐欺の手口を知ることで詐欺に遭わないようにする為のものです。
他にも詐欺の対策一覧等の情報も載せています。
また弊社では詐欺対策付き見守りサービスを提供しています。
こちらは離れて暮らす一人暮らしの親御様がいる方に是非使って頂きたいサービスです。
サービス内容は絆のサービス特徴で紹介しています。
興味がありましたら是非一度ご覧下さい。

こちらもどうぞ

詐欺の手口一覧はこちら
詐欺の対策一覧はこちら
絆のサービス特徴はこちら

この記事が参考になった方はポチリと協力お願いします

株式会社 絆

電話番号
0120-558-527
(通話無料)
営業時間
9:00〜17:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始
サービス提供は
12/31〜1/3のみ休み

見守りサービス比較一覧

ブログカテゴリ

モバイルサイト

株式会社絆スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら