【業界初】3社同時現地見積もりサービス

【業界初】3社同時現地見積もりサービス

4519b36436816ff8117a686cc71cd3ac_s

ホーム ≫ 悪徳業者を見抜く方法 ≫

悪徳業者を見抜く方法|特殊清掃業界

株式会社絆の3社同時現地見積もりサービス

株式会社絆の3社同時現地見積もりサービスは現地見積もりと相見積もりを同時に行います。
どういったことかというと通常1社ずつ行われる現地見積もりを3社同時に行うことができるサービスです。
これにより利用者様の時間的負担が軽くなり料金や技術面の比較がその場でしやすくなります。
後ほど説明しますが悪徳業者を見抜くために現地見積もりと相見積もりは必須になります。
それを同時に行える3社同時現地見積もりサービスを是非ご利用ください。
3社同時現地見積もりサービスはこちらをクリック

特殊清掃業界とは

1048688_s
特殊清掃業界とは孤独死や自死の現場の清掃を行ったり、ゴミ屋敷の片付けを行ったり故人の遺品整理を行ったりしてくれる業界です。

孤独死や自死の現場は感染症の危険があり素人が行うべきではありません。
ゴミ屋敷の住人は何らかの理由があって自分で片付けられないからこそ現状ゴミ屋敷になってしまっています。
遺品整理はワンルームで近場なら自分で行うことも可能でしょうが一軒家で荷物が多かったり遠方だったりすると、とても1人では対処できません。

そんな時皆さんをサポートしてくれるのが特殊清掃業界です。

特殊清掃業界の料金が分かりにくい理由

特殊清掃業界は非常に料金がわかりにくいです。
それはなぜでしょうか。

理由は
・現場の状況によって料金が全く違うからです。
・さらにそれを判断するのは人になります。

この2つが原因になります。
まずは現場の状況によって料金が全く違うです。
孤独死や自死の現場を清掃する特殊清掃からお話します。
ここでの現場の状況とはご遺体の発見時期が大きくかかわってきます。
発見時期が3日後と半年後、現場の状況はかなり違います。
血液や体液は日を追うごとに漏れ出し床などまで染み込んでしまいます。
またハエやウジ、ゴキブリなどの害虫も日を追うごとにその量は増えていきます。
この状況の変化によって作業の難易度が大幅に変わってきます。

ゴミ屋敷の片付けの場合は主にゴミの量とゴミの質になります。
ゴミの量はもちろん量が多ければ多いほど料金は高くなります。
ゴミの質は生ゴミが大量にあると分別に時間がかかったり害虫が大量発生していたりと作業効率が極端に低下する為、料金は高くなります。

遺品整理もだいたい同じですがこれに分別の大変さが加わります。
遺品として残すものと捨てるものの分別が大変な程料金は高くなります。

次に2つ目の理由、料金を判断するのが人であるという点です。
例えば一つの孤独死現場に5社の特殊清掃業者がくるとします。
この5つの業者に見積もりしてもらうとどうなるでしょうか。
それは5社とも料金が違う結果になるでしょう。

その理由はよくサービス業界で使われている1時間いくらなどの絶対的な基準がないためです。

1時間は何人が判断しても1時間です。
ですが汚れ具合など数値化できないものは人の目で判断することになります。
こういった数値化できないものが多く含まれている作業が多くあるので特殊清掃業界は料金相場が非常に分かりにくいのです。
特殊清掃業界を依頼する前にこちらをクリック

悪徳業者とは

特殊清掃業界は悪徳業者が確実に存在しています。
その理由は先ほど説明したように料金相場がわかりにくいからです。
相場がわかりにくいため取れそうな人から多くとってしまおうと考える輩がいます。

またもう一つこの特殊清掃業界を利用する人が時間に追われたりしていて焦っているため悪徳業者が騙しやすい状況になりやすいのも原因の一つになります。
詐欺師がよく使う手口が焦らせて平常心を失わせることです。
最初から焦っている状況の人が多いのでそこに悪徳業者が目を付けたのでしょう。
なぜ利用者が焦っているかというと依頼する経緯にあります。
孤独死などの特殊清掃の場合、依頼者は連帯保証人か法定相続人、大家さんの3種類になります。
連帯保証人か法定相続人の場合、大家さんか管理会社に早く原状回復して退去してくれとかなり焦らせられるでしょう。
大家さんの場合速やかに対処しないと異臭や害虫などで近隣住民まで出ていってしまうため死活問題になります。
こういった状況にある為依頼者の多くが焦って冷静な判断ができない状態にあるのです。

特殊清掃業界は10年程前から急速に参入数を増やしてきました。
その理由の一つとしてネットで間違った情報が拡散したことです。
それは特殊清掃業界は簡単に大金が稼げるです。
たしかに普通の清掃業と比べて特殊清掃業界は1件で20万円の料金を稼げることもあります。
ですがそれだけ大変な作業です。

ここで悪徳業者は考えました。
大変な作業は手を抜いてしまおう。
大金が取れそうなやつからは更に多く取ってやろう。

こういった悪徳業者は存在します。
悪徳業者を見抜く方法を使い被害にあわないように注意して下さい。

悪徳業者を見抜く方法

悪徳業者の手口は主に3つあります。
1.相場がわかりにくいのを利用して適正料金以上の料金を請求する
2.最初に安い料金を提示して後から追加料金を請求する
3.作業の質が最悪

以上のことをまず念頭に置いてください。
これから悪徳業者を見抜く方法を説明していきます。

1.まず相場がわかりにくいのを利用して適正料金以上の料金を請求するです。

これに対処する方法は複数の業者に見積もりしてもらう相見積もりするしかありません。

適正料金は1社より2社、2社より3社と比較する業者が多ければ多いほど正確なものになります。
その為見積もりを複数の業者に依頼するのは面倒ですが確実に行って下さい。
3社程度行うのが理想です。

2.最初に安い料金を提示して後から追加料金を請求するです。
これは特に一括見積もり比較サイトを利用した場合起こりやすいです。
特殊清掃業界にも一括見積もり比較サイトは存在します。
現場の状況をサイトに打ち込むと複数の業者から概算料金が提示されるというものです。

ですがここで注意点です。
以前もお話しましたが特殊清掃業界は現場の状況で料金が決まります。
実際に現地で見積もりしていないのに料金がわかるわけがありません。
よって提示された概算料金は正確な料金ではありません。
正確な料金ではないものを比べても何の意味もありません。

後一つ一括見積もり比較サイトの性質上の問題点です。
登録業者は依頼を勝ち取りたいはずです。
その為にはどうするでしょうか。
それは概算料金を他社より安く設定します。
それが依頼を勝ち取る為の近道だからです。
ですが実際その概算料金では割に合いません。
だから追加料金を請求するのです。
聞いていた話と違うなどといって作業に入って断りづらい状況を作ってから請求することが多いようです。

追加料金を請求されないようにするためには現地で見積もりして料金をだしてもらうです。

現地見積もりしたのに聞いていた話と違うなどとは言えないでしょう。
現地見積もりしてもらい細かく料金内訳を説明してもらいましょう。
また念には念を入れて追加料金がかかる場合があるか確認しましょう。

3.作業の質が最悪です。
これは他社と比べて料金が安すぎる場合に起こりやすいです。
業者を選ぶ基準として料金の安さを重要視する人は多いですがあまりにも安すぎる場合注意が必要です。

またそういった業者は現地見積もりを行わなかったり現地見積もりの際作業の説明などちゃんと行えない場合が多々あります。

その為現地見積もりの際しっかり答えられるか精査しましょう

以上が悪徳業者を見抜く方法になります。
結論は現地で見積もりをしてもらい複数の業者の相見積もりを行い料金や質を比較するです。
現地見積もりと相見積もりを同時に行うにはこちらをクリック